漢方で便秘を治す

便秘の原因と漢方

あなたは便秘をしていませんか?日本人でも多くの方が便秘をしています。便秘の状態がよくないという認識が低いことから、そのままに放置していることが考えられます。便秘は本来は体の外にすぐに排出されなくてはならない汚いばい菌や雑菌や食べ物の残りかすが腸の中に長くたまっている状態ですから、体にいいわけがありません。便秘になったら、早めに解消をしましょう。 原因は1つではなくて、何十種類も考えられます。その方の年齢や性別や生活習慣によって、どうしてなってしまったのか原因は違っているのです。自分の便秘の原因にあった、解消方法をやっていきましょう。

そこで、便秘の解消に効果が高いのは、漢方薬を使う方法です。漢方薬は昔から中国では使われてきましたから、長い歴史があります。日本でも近年、漢方薬は体に負担がかかりにくい治療方法として注目されています。便秘のように、急激に症状をよくするものではなくて、長い時間をかけながら、改善をやっていく症状には漢方薬があっています。

便秘の症状の改善に効果が高い漢方薬には、どんなものがあるのでしょうか?「桂枝加芍薬湯」(けいしかしゃくやくとう)や「人参湯」(にんじんとう)「桃核承気湯」(とうかくじょうきとう)や「大承気湯」(だいじょうきとう)、「加味逍遙散」(かみしょうようさん)、「潤腸湯」(じゅんちょうとう)、「麻子仁丸」(ましにんがん)「大柴胡湯」(だいさいことう)、「加味逍遙散」(かみしょうようさん)、「小建中湯」(しょうけんちゅうとう)、「補中益気湯」(ほちゅうえっきとう)など、たくさんの種類の漢方薬が便秘の解消に効き目があると考えられています。

▽注目サイト
便秘の悩みを解消したいならこちらの便秘体験談サイトが役に立ちます ⇒ 便秘 悩み

Copyright © 2014 漢方で便秘を治す All Rights Reserved.